ベジグリ!

ベジグリ!では、スムージー・グリーンスムージーダイエットのやり方を徹底解説。痩せるためのコツ、ダイエット成功・失敗の原因をわかりやすく説明しています。

未分類

グリーンスムージーダイエット!美味しい作り方や専用ミキサーとは?

投稿日:2016年2月3日 更新日:


モデルやママタレと呼ばれる芸能人達が美しい体型を維持するため、 忙しい毎日を元気よく過ごせるために活用しているのがグリーンスムージーと呼ばれる手作りドリンクです。

基本的にグリーンスムージーはローフードと呼ばれ野菜や果物を生で利用するため、熱で壊れやすいビタミンやミネラル、酵素などの自然の栄養素を丸ごと享受しやすいというメリットがあります。

しかしグリーンスムージーを利用するにあたって、少し気になることはありませんか?

嬉しい!スムージーで自然の栄養を享受

気を付けよう!〇〇は女性の敵!

スムージーの弱点は、体を冷やしすぎないかという点です。

いくら栄養素を豊富に摂取できたとしても体が冷えればPMSや頭痛など、体に様々な悪影響をもたらすでしょう。

そのような場合は冷たい水の変わりに人肌程度にまで冷ました白湯を利用したり、体を温める効果が期待できるジンジャーやシナモン、黒砂糖などを加えてみるのがおすすめです。

また、体内へ栄養素が吸収されやすいように空腹時に飲用すると良いでしょう。

そのときに食べ物と一緒に飲用すると吸収率が疎外される恐れがあるので要注意です。

1番は栄養についてしっかり勉強すること

同様に牛乳や豆乳などたんぱく質が多い飲み物や食材でグリーンスムージーを作るのもあまりおすすめできないため、はじめは書籍やインターネットなどを利用して基本的なレシピを理解すると良いでしょう。

初めてでも簡単!組み合わせを工夫して美味しいスムージー

スムージーはダイエットや美容に効果が高く、 しかも手軽に作れるものという事から、女性を中心に人気があります。

そんな中、昨今ではメディアや書籍でも多く紹介されており、その多くは緑色をしたグリーンスムージーですから、どうしてもその色を見ただけで躊躇してしまうという野菜嫌いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その気持ち、わかります。そんな考える方法があるんです!

えっ!?「美味しい」と思わず声をもらしました。

緑色というと青汁をイメージしてしまい、美味しくないという印象が強いのですが、スムージーは入れるものによって美味しく仕上げる事が出来ます。

例えば緑色が嫌なのであれば、りんごやいちご、トマトなどのように赤いものを使って作れば赤くて美味しそうなドリンクになり、これも立派なスムージーです。

また、オレンジやセロリ、キャベツなどを組み合わせてシンプルなものも作れます。

美味しいスムージーを作るには多くの組み合わせがあるという事を知れば楽しみながら活用する事が可能なのです。

生まれ変わった野菜のイメージ

さらに緑色をしていても、そこに甘めの果物や酸味の強い果物をひとつプラスするだけで、野菜独特の匂いや苦みも消えてしまいますから、自分が美味しいと思える決め手の具材をひとつ見つけて、様々な組み合わせに入れていくのも良いのではないでしょうか。

知らないと損!グリーンスムージーダイエットのレシピの割合

ダイエットに効果が高いと人気なのが、グリーンスムージーダイエットです。

ではどんな風に作るのが良いのか、答えられますか?

早く効果を出す方法知りたくないですか?

基本的なレシピとしては乳製品である牛乳・豆乳・ヨーグルトなどと果物・野菜を一緒にミキサーにかけて作るというのが一般的ですが、最もダイエット効果が発揮されるのは「野菜+果物+水」のレシピです。

実は乳製品を入れてしまうと、野菜・果物・水のレシピで作ったときよりも消化吸収に時間を要してしまいます。

なので、グリーンスムージーダイエットの時には出来る限り乳製品よりも水、を心がけるのがベターです。

乳製品を入れてしまうとスムージーダイエットの効果が出ないわけではありませんが、効果を早く出したいのであれば水を使ったレシピで作ってみると良いでしょう。

もう1つ重要な知識

グリーンスムージーを作る場合「果物:野菜=4:6」が割合として丁度いいです。

野菜の味が苦手人ならば、割合を変えて「果物:野菜=6:4」に変更しても構いません。

大切なのは美味しく毎日続けられる事です。

ダイエットを始めると効果ばかりを気にして味わうことをおろそかにしてしまいますが、大切な点です。

この場合も飲み続けていれば野菜の味が気にならなくなってくるので、そうなったら「果物:野菜=4:6」に戻すのがベストなレシピです。

知ってますか?スムージー(英語でSmoothie)のレシピ

スムージーとは、英語でSmoothieと記し、シャーベット状の飲み物です。よく見かける英語でのメニューで、Detox smoothieとかGreen Smoothieがありますよね。

そんなスムージーですが、どのような原材料で作ると美味しくなるかわかりますか?

鉄則!基本的には3つの原料から作るんです

凍らせた果物・野菜/ジュース・牛乳・アイルクリーム・ヨーグルトなとの液体/氷(凍っている食材を用いるときは氷は入れない場合もあります)です。

でも、最近では冷凍していない生の食材をそのまま用いることもあります。

効果的な飲用として、新鮮に作ったものを食前前に頂くのがおすすめです。野菜や果物に含まれる栄養素は、酸素に触れると栄養価が落ちてしまいます。ですので、作り立ての新鮮なものをいただきましょう。また、スムージーは、丸ごと果物や野菜を使うので食物繊維が豊富に含まれています。

よって、飲んだ後しばらくすると満腹感を感じることができダイエットに効果的です。

フレッシュな食材いっぱい!簡単デトックススムージーのレシピ

<デトックス・グリーンスムージ>
西洋ナシ・・・半分
アボカド・・・・4分の1
きゅうり・・・・2分の1
ケール、又はほうれん草・・・1カップ
ココナッツウォーター・・・4分の1カップ
アーモンドミルク・・・・1カップ
チアシード(Chia Seeds)・・・スプーン1
氷・・・・・・・1個から2個
すべての食材をミキサーにかけて、出来上がり!

注意したいことは、同じものばかりでスムージーを作るのはやめましょう。

同じもばかり摂取し続けると体内に蓄積され、体調不良などの症状がでることがあります。

あまり知られていない、スムージー用ミキサーの価格による違い

自宅でスムージーを始めたい方が、まず悩んでしまうのがスムージー作りに使うミキサーでしょう。

スムージーは専用ミキサーでなければ作れないというわけではありませんので、手持ちのミキサーがあればそれを使ってもよいでしょう。

しかし、新しく買う場合は一体どのような基準で選んだらいいのか、わかりますか?

知らないと損をする。価格の違い

まず一番に比較できるのが価格です。

ミキサーは数千円程度の物から数万円程度とかなり価格に幅があるものです。

一般的に価格と性能は比例するものですので高い物の方が性能はいいのは当然ですが、スムージー作りに使う場合、高いミキサーと安いミキサーではどのような違いが出てくるのでしょう。

そうだったの?栄養素の高いスムージーを作る秘訣

高いミキサーと安いミキサーの一番の違いはやはりパワーです。

パワーがあるのとないのでは、下ごしらえの手間や出来上がりの食感や飲みやすさに違いが出てくるといえるでしょう。

また野菜が細かく粉砕されることで消化吸収されやすくなるため、より栄養価の高いスムージーを作ることが出来るのです。

このようなことから、価格が高いほど作る手間が省け、飲みやすく栄養価も高いスムージーが出来るといえます。

ただ、初めて挑戦する場合、合わずに辞めてしまう可能性もありますので、いきなり数万円もするミキサーを購入するのは少し勇気がいるはずです。

ですので、まずはそこそこの価格のミキサーを買って、性能に不満が出てきた頃に高性能のミキサーに買い直すのも一つの方法だといえます。

-未分類

Copyright© ベジグリ! , 2017 AllRights Reserved.