ベジグリ!

ベジグリ!では、スムージー・グリーンスムージーダイエットのやり方を徹底解説。痩せるためのコツ、ダイエット成功・失敗の原因をわかりやすく説明しています。

未分類

簡単!グリーンスムージーの栄養成分を得る作り方!冷凍した果物でも

投稿日:2016年9月24日 更新日:


お腹が空くと、間食でついついお菓子を食べてしまう・・・ という女性は多いことでしょう。しかしお菓子ばかり食べてしまうと、健康のためにもあまり良いものではありません。
間食をグリーンスムージーにすることで、どんなメリットかお分かりになりますか?

間食をグリーンスムージーにして生まれ変わった

危険!高カロリーな間食

間食は甘い物(チョコ、ケーキ、プリンなど)とか脂っこいもの(ポテチ系)が多いので、高エネルギーを摂取することになります。

結果的には肥満や動脈硬化、心筋梗塞などにつながりかねません。

間食を変えるだけ!健康ライフ

間食を抑えられないそんな時は、冷蔵庫に入っている野菜やフルーツを使って、グリーンスムージーを作ってみてはいかがでしょうか。

冷蔵庫に入っている野菜を使って作れば、沢山の野菜を摂る事も出来てお腹もいっぱいになりますから、大変健康的な間食と言えるでしょう。

美味しいグリーンスムージーを作るコツとしては、甘みの強いフルーツを加えるということです。フルーツを加えることによって、美味しくて飲みやすくなりますし、健康成分も増えて一石二鳥と言えるでしょう。お腹が空くたびにおやつを食べているよりも、ずっと健康的な間食と言えますよね。

ミキサーがあれば、簡単に作れてしまいますので、グリーンスムージーで健康生活を始めてみてはいかがでしょうか。ダイエット効果や便秘解消も期待できるので、ぜひ毎日続けて女子力アップにつなげてみてはいかがでしょうか。

そうだったの!?キッズ用スムージーに必要な要素

キッズの成長を見守るご両親としては、 手軽に作ることができて豊富な栄養素が含まれているスムージーありがたいですよね。
メディアやネット上に掲載されているレシピでも十分ですが、さらにお子さんのためになるような飲み物ってなんだか知ってますか?

子供のための美味しいスムージーって?

栄養豊富なスムージーを子供に飲ませることは有意義です。

しかしながら、それが苦くては飲むことを無理強いしてしまうことになりかねません。

無理やり飲ませられてもキッズの栄養にはなりませんので、大切なのは「甘み」を感じられる素材を加えてスムージー作りに臨みましょう。

お子さんと楽しみながら栄養補給しなさい!

野菜にこだわらず、バナナやりんご、桃、など消化のよい果物からはじめてみるのも重要です。

慣れてきたら果物の割合を減らし、野菜の量を増やしていくことで、野菜嫌いを無理なく克服できそうですね。

お子さんと一緒に作ってみるのもいいかもしれません!お子さんが楽しく美味しく飲めるのが1番大切です。

スムージーに食材を入れる順番の秘密

痩せて健康にも良いと注目を集めてるグリーンスムージー。

食材をどんな順番で入れると美味しいスムージーになるのかわかりますか?

これだけ知っていれば美味しくできる!

ミキサーに適量の水と野菜と果物を入れてスイッチを押して攪拌するだけで、手軽に美味しいグリーンスムージーを作ることができます。

これなら、お子さん一人でも作ることができるでしょう。

しかし、入れる順番に注意すれば、よりなめらかで美味しいスムージーになります。

まず最初に氷や青菜を入れましょう。こうすると、水分のおかげで攪拌がよりスムーズになります。

入れる順番は、野菜の次が果物となります。野菜は果物に比べて液状になりにくいので、最初に加えるようにしましょう。

4通りの楽しみ方があるのはご存知ですか?

グリーンスムージーの凄いところは、ジュースのように冷たくしても美味しいですし、温めて野菜スープとして食べることもできます。

また、ゼラチンで固めればゼリーになりますし、生クリームや牛乳を加えて凍らせると、アイスクリームやシャーベットとして楽しむこともできます。

飲み物として味わうだけではなく、メインの食べ物にもなれば、お菓子としても食べられるのが、スムージーの大きな魅力です。

基本の作り方を覚えておけば、いろいろな料理に応用ができますので、料理が苦手な人こそ、ぜひスムージーを活用するようにしましょう。

初めてでも大丈夫!栄養素たっぷりのグリーンスムージーを作ろう!

将来ボロボロの体になりたくない人だけ読んでください。

今、高カロリーなものばかり食べてるあなた。太りすぎてしまっているあなた。

簡単に内側から綺麗に、さらに見た目も美しくなれる方法があったら知りたくないですか?

その秘訣をお教えします。

野菜不足で将来大丈夫?

グリーンスムージーは野菜不足になりがちな食生活の中に手軽に野菜を取り入れる方法として若い女性を中心に人気を集めています。

野菜不足を感じていても、実際にサラダなどの生野菜も沢山食べられる訳ではありませんし、毎日大量の野菜を食べ続ける事は想像以上に大変な事です。

しかし、グリーンスムージーは自分で好きな野菜を選んで作る事が出来ます。

使う野菜によって含まれる栄養素は変わってきますし、野菜は主にビタミンや食物繊維といった栄養素を多く含んでいますが、野菜の種類を増やしたりフルーツを加える事で含まれる栄養素の偏りを減らしより多くの栄養を摂取する事が可能です。

作るたびに違う味を楽しめるので飽きる事なく飲む事が出来ます。

簡単ラクラクダイエット

最近では、簡単にグリーンスムージーが作れる粉末も人気があります。

野菜の栄養素の他にミネラルや美容成分を追加して、よりバランスの良い栄養を摂取出来る様に考えられている製品も沢山ありますので、健康的にダイエットをしたい方は低カロリーで多くの栄養を摂取出来ますのでとてもおすすめです。

グリーンスムージーは飲んだからといってその日にすぐ効果を実感出来るものではありません。健康維持の為に、毎日の継続が大切ですので、自分が続けやすい方法を選ぶ事をおすすめします。

たった3分!作り方はとっても簡単!スムージーダイエット

仕事で疲れて帰ってきてからジムに行ったり、お休みの日にジョギングしたり、

でも結局たくさん食べてしまって体重はすぐ元通り。

そんな経験はありませんか?きっと誰にでもある経験なので心配は無用です。

そんなあなたにもできちゃうダイエットを教えます。

忙しい朝にすぐできる!

グリーンスムージーの作り方はとても簡単で、野菜やフルーツをミキサーに入れて混ぜるだけの簡単レシピです。食物線維が豊富で栄養素の吸収も優れており、ダイエット効果も抜群です。

時間がない人専用ダイエット

粉末の場合は、シェイカーと水があればグリーンスムージーが出来るので、手軽にスムージーダイエットを実施したい場合には良い方法です。

通販などでも購入が可能で、味もマンゴー、ミックスベリー、ピーチなど種類が豊富です。

インターネットでも話題のタイプは200種類を原料とした酵素にミネラル成分が配合されています。

またエイジングケアの効果が期待できるポルフェノールたっぷりのアサイーが配合されたタイプなどがあります。

スムージーダイエットに必要なグリーンスムージーは作り方が簡単なので手軽にできるダイエットですが、摂取するなら朝が良いタイミングです。

朝にポリフェノールやビタミンを摂取すると、昼間に浴びた紫外線やストレスによる活性酵素の発生を防いでくれます。

スムージーダイエットで摂取するグリーンスムージーはダイエットで注目されがちですが、栄養や食物繊維が豊富なものなので、効率的に取り入れるとダイエット以外に食生活の改善も期待できます。

知っておこう!栄養価の高いスムージーの作り方と注意点

多くの芸能人が毎日の生活に取り入れ、ブログやツイッターなどで紹介しているスムージーですが、 そのメリットは何だと思いますか?

芸能人がマイナス7キロに成功したダイエット方法

スムージーで体内に酵素を豊富に取り入れることで、自然治癒力や免疫力の強化などの健康面や、デトックス効果や代謝の良い体づくりなどダイエットや美容にも効果があります。

スムージーの基本は生の葉野菜とフルーツのみで作ることで、材料と水をミキサーにかけるだけで完成します。

しかし一見重宝しそうなキャベツはお腹にガスが溜まるのでスムージーには使えません。

フレッシュな葉野菜とフルーツのみで作ることが基本で、果物は皮のすぐ下に最も栄養価も高い部分が密着しているので、皮の柔らかい果物は丸ごと使うことでより果物の栄養を摂取できます。

栄養価の高いスムージーを作りたくて多数の材料を使いたくなりますが、使う食材の種類は増やし過ぎないほうが胃腸の負担になりにくくなります。

また糖質が多すぎる果物は逆に太りやすくなりますので注意が必要です。

そして1回に作る量は1日で飲みきれる分だけ作るようにします。

注意しないと逆効果!?

注意すべきは冬場です。冬に冷たいスムージーを飲むことで内臓が冷え、代謝が悪くなったり不妊の原因にもなりかねません。

特に南国のフルーツや夏が旬のものは冷えに拍車をかけます。

冬のスムージーは常温に戻してから飲んだり、使う材料を工夫したりすることが大切です。

毎日続けることが大切ですので、季節ごとに工夫をすることで、その栄養価を効率的に作用させることができます。

その手があった!!冷凍の果物でラクラクおいしいグリーンスムージー

グリーンスムージーは手軽に作れるとはいえ、やはり野菜や果物の準備は面倒なときがありますよね。

私も同じ思いをしたことがあるのでわかります。

洗いもカットもせず、手間なく作る方法あなたはわかりますか?

忙しい朝、あと10分遅く起きても大丈夫!

そんな人のために、提案したいのがグリーンスムージーを手際よく作る方法です。

野菜は、前日に洗い適当にカットしておきます。

そして、果物はキレイに洗い皮をつけたままカットして冷凍しておきます。

そして、朝にグリーンスムージーを作る際にはその野菜や果物を使用するともうカットまでしてあるのであとはミキサーにかけるだけですぐに出来上がります。

一般に冷凍すると、栄養がなくなるように感じますが、生のものほどはありませんがかなりの栄養は残ります。

毎日続けるだけで減量

毎日飲むものだけに、色々な野菜や果物があると楽しく飽きることがありません。

また、冷凍されているので氷を入れることがなく冷たく飲むことができます。

こうすれば、日持ちがあまりしない果物もムダなく使うことができます。安いときにまとめて購入することも可能です。

毎日の習慣の一つにグリーンスムージーを取り入れると健康維持になります。ぜひできることから試してみてはいかがですか?

こんなの初めて!皮まるごとグリーンスムージーレシピ

ダイエットで栄養失調にはなりたくない。痩せてこけたと言われました・・。

なんてことはありませんか?

グリーンスムージーダイエットはその心配がいりません。

飲むだけで健康になれる!?

グリーンスムージーのレシピはいろいろありますが、基本は自分の好きな野菜とフルーツを組み合わせて作ることとフルーツは皮をむかずにそのまま使うことです。

フルーツには皮の近くに栄養が集まっているので、皮ごとフルーツを使って作るグリーンスムージーならフルーツの栄養を無駄にすることがありません。

入れるだけで簡単!

グリーンスムージーのレシピは、葉物野菜とフルーツの組み合わせがポピュラーです。

例えば小松菜とりんごなど、香りをつけたければかんきつ系のフルーツやレモン汁を加えます。

甘みはハチミツを使ったり、ヨーグルトを加えるとお腹の調子を整える効果がアップします。

また甘みのあるフルーツ、バナナなどを加えるのもよいでしょう。寒い季節はしょうがやシナモンなどを加えると体を温める効果があります。

作り方は、お好みの野菜とフルーツ、水をミキサーにかけるだけなのでとても簡単なので、色々と試してみてくださいね!

-未分類

Copyright© ベジグリ! , 2017 AllRights Reserved.